• おもてなしトイレ
  • 旅の便利情報
  • 法人・団体向け

詳細検索

旅の計画を作って伝える マイ旅プラン

ここから本文です。

ホーム > すぐにわかる千葉の魅力 > 千葉にゆかりのあるあの人が語る わたしの千葉STORY:料理研究家「館山クッキング大使」川上文代

更新日:2015年6月15日

千葉にゆかりのあるあの人が語る わたしの千葉STORY 料理研究家 「館山クッキング大使」川上文代

川上文代

人生の目標は『幸せになること』。食で幸せの輪が広がることを信じています。自分を育ててくれた館山の食べもののみならず、波の音や夜空に輝く満点の星などすべてに感謝の気持ちを。そんな館山、千葉県と今後も食を通して関わっていきたいと思っています。

プロフィール

料理研究家。千葉県館山市生まれ。辻調理師専門学校卒業後、同校職員として12年間勤務。その間、フランスの三ツ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」での研修をはじめ、プロ料理人の育成に努める。現在、渋谷に「デリス・ド・キュイエール 川上文代料理教室」を開設して20年目となる。

ちばの食が人をつくる

生まれ故郷 館山が育んだ料理家への道

今の私の原点となっているのが、生まれ故郷の館山です。幼少の頃から共働きの両親の代りに祖母の手ほどきを受けつつ、家族の食事の支度をしてきたこともあり、我が家の庭の菜園で採れる四季折々の野菜(菜花をぽきっと折って生で食べたり、春は空豆、秋には里芋など)や、母親が働いていた魚市場から持ち帰るトロ箱入りの魚など、今考えると贅沢に新鮮な素材を豊富に使っていました。嵐の後に北条海岸に行くと、天草がたくさん打ち上げられており、それを干して、ところてんやみつ豆の為の寒天を作ったり、というのも懐かしい思い出です。
中3から高3の終わりまで、近所にあった「池田幸恵料理教室」(都内と館山に教室があり、館山では週末に開かれていました)に通い、家庭料理の基礎を身につけ、そこで作ったお菓子などを学校で友達に振る舞い、とても喜ばれたことも、料理づくりの楽しさを実感した原点です。

高校卒業後、どうしても辻調理師専門学校に行きたいという想いで進路を決定しましたがプロを養成する学校であり、また当時は女性の講師もおらず、辛い事・厳しい状況もありましたが、自分が決めたこと、と心を励まして努力を続け、職員となってからは、フランス勤務も経験しました。幼少期、館山で採れたての素材を使って作った家庭料理と辻調理師専門学校で身につけたプロの料理が今の料理研究家としての私を作った二本柱となっています。こうして、現在渋谷区桜丘町にて料理教室「デリス・ド・キュイエール 川上文代料理教室」を主宰するに至りました。

故郷館山のごっつお

食を通した故郷館山との関わり

10年程前に館山市からの依頼を受け、公民館での親子クッキング教室などを開いたりした縁で、「館山クッキング大使」として、平成22年に委属されました。館山市では、地元でとれた農産物や海産物を地元で消費する「地産地消」を推進していて、各家庭で館山市産の食材を活用できるよう、地産地消レシピを考案しました。現在は86種類にも及び、レシピは館山市のホームページ「館山クッキング大使 川上文代の地産地消レシピ」からダウンロードすることができます。また、今年3月に行われたアグリッシュたてやま(館山市農産物直売所連絡協議会)主催による「じのもん野菜料理コンテスト」(直売所で手に入る地元食材を使ってのレシピのコンテスト)の審査委員長も務めました。

千葉県には、おいしい食材が豊富にあります。千葉の海の幸を使った代表的な料理、アジやイワシで作るなめろう(おろした魚と共に味噌・ネギ・生姜などの香味野菜を、まな板の上でねばりがでる位に包丁で叩いたもの)は、残るとまごちゃ(お茶漬け)や翌日には焼いてさんが焼きやつみれ汁にして食べたりしました。また、落花生は味噌ピー(練甘みそにピーナッツを混ぜたもの)やピーナッツべっこう飴にしたり、野菜と和えたりして頂きます。館山ならではの野菜として、神戸(かんべ)レタスというものがありますが、これは市内神戸地区で栽培されている冬レタスで、シャキシャキとした歯ざわりとみずみずしさは、他では味わえないものです。こうした食材を使って作られる館山の郷土の味が、「おらがごっつお ~わがやのごちそう~」として、館山市のホームページで紹介されています。懐かしく思い出すのは、甘く煮た椎茸などを大ぶりに握ったすし飯に載せた田舎寿司。そして、お祭りで振る舞われる「ごんじゅう」という豚バラと油揚げを甘辛く煮てご飯に混ぜたおにぎりなどです。素朴なお料理ですが、どれも素材を生かしたものとなっています。皆さんも、是非ご家庭で私の故郷「館山」の味を再現してみてください。私の考案した地産地消レシピから、何点かご紹介します。

地産地消レシピ

メニューを開きます空豆のかき揚げ

材料(2人分)

  • そら豆……20粒
  • にんじん……20g
  • ごぼう……20g
  • じゃこ……5g
  • 天ぷら粉……大さじ3
  • 水……大さじ3
  • 揚げ油……適量

【カレー塩】

  • カレー粉……小さじ1/4
  • 塩……小さじ1/2

作り方

  1. そら豆は薄皮を取り、にんじんとごぼうはマッチ棒大に切り、ごぼうは酢水にさらして水分を取る。
  2. 1とじゃこに天ぷら粉大さじ1をまぶす。
  3. 残りの天ぷら粉大さ2と水大さじ3を混ぜ、2とさっくり混ぜる。
  4. スプーンですくって180度の油に落とし、からりと揚げる。
  5. 油を切り、カレー塩を添える。

ワンポイントアドバイス

かき揚げがカリッと仕上がらない場合は、電子レンジにかけたり、低温のオーブントースターや魚焼き器でゆっくり水分を飛ばしてカリッと焼くと良いです。余ったら、翌日は天つゆで煮こんで天丼にしてお召し上がりください。

メニューを開きますアジのれんこんハンバーグ

材料(2人分)

  • アジの身……150g
  • れんこん……50g
  • 生姜……少々
  • 玉ねぎ……50g
  • 塩、胡椒
  • 紫蘇の葉……4枚
  • サラダ油

【ソース】

  • とんかつソース……大さじ2
  • ケチャップ……大さじ1
  • 醤油……小さじ1

作り方

  1. アジと玉ねぎは細かく刻み、れんこんと生姜はすりおろす。
  2. 1と塩、胡椒各少々を混ぜて4等分の小判形にする。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、両面こんがり焼き、紫蘇をのせる。
  4. 皿に盛り、全てを混ぜ合わせたソースをかける。

ワンポイントアドバイス

アジに生姜やれんこんなどの根菜を合わせ、滋味深いお味に仕上げました。アジのお刺身が余ったら、翌日にぜひチャレンジしてみてくださいね♪

メニューを開きますいちじくと豚肉のしょうが焼き

材料(2人分)

  • いちじく……1個
  • 豚肩ロース肉の薄切り…… 6枚
  • サラダ油… …小さじ1/2
  • サラダ……(レタスやトマト)

【たれ】

  • おろししょうが ……小さじ1
  • 酒……小さじ1/2
  • しょう油……大さじ1
  • みりん……小さじ1

作り方

  1. いちじくは天地を落とし、6等分のくし型に切る。
  2. 豚肉をひろげ、いちじくを芯にして巻く。
  3. フライパンでサラダ油を熱し、2のとじ目を下にして並べ、全体をこんがり焼く。
  4. 余分な油があればペーパーで吸い取る。たれを入れて、全体に絡める。
  5. 皿に、サラダとともに盛る。

ワンポイントアドバイス

豚肉にはりんごやパイナップルやプルーンなどのフルーツが合いますが、いちじくとの相性も抜群です!豚肉のコクといちじくのねっとりした甘さが絶妙です。普段のしょうが焼きにひと手間加えるだけで、ぐっとおもてなし料理に変身します。是非お友達が来られた際に作ってはいかがでしょうか。また、お弁当のおかずにも最適です。

メニューを開きます菜の花のピーナッツ和え

材料(2人分)

  • 菜の花……1束(200g)
  • しょう油……大さじ1と1/2
  • ピーナッツペースト……大さじ3
  • 砂糖……大さじ1と1/2

 

作り方

  1. 菜の花は、約2分塩茹でして、盆ざるなどに上げてあおいで冷ます。水分を絞り、長さ4cmに切る。
  2. しょう油、砂糖、ピーナツペーストを混ぜ、菜の花を和える。

ワンポイントアドバイス

菜の花は、水に落とすと水っぽくなるので、たっぷりの湯で塩ゆでして丘上げにします。
※丘上げとは…ザルに取り出し、水をかけないことです。

千葉で買いたい、味わいたいものたち

千葉で買いたい、味わいたいものたち

無糖なのに濃厚な味わい ピーナッツペースト

千葉県産落花生100%使用の贅沢なピーナッツペースト。口当たりは滑らかなのに、ナッツの香りで落花生本来の甘さがひきたつ濃厚な味わいです。パンに塗るのはもちろんのこと、無糖なので料理にも幅広く使えます。川上さんも長年ご愛用とのこと、あなた好みの一品を見つけて下さい。

個性豊かでコクのある一杯地ビール

県内には個性豊かな地ビールが揃っています。なかでも歴史と伝統に裏打ちされた蔵元こだわりの地ビールは、清酒仕込水をはじめ厳選した原材料を使って仕込んだ渾身の一杯です。地域のお米を使い、ほのかなお米の香りとキリッとした味わいの麦酒も飲んでおきたい一杯です。

千葉県の特産品・お土産

直売所・道の駅

県内各地には、それぞれの特色を生かした道の駅や気軽に立ち寄れる直売所が点在していいます。陳列されている新鮮な地採れ野菜を見ると、どんな料理を作ろうか胸が躍ります。花の産地では色とりどりの花が並び、海の近くではおいしい海産物を使ったお料理が楽しめ、地元産品を使ったスイーツのおいしいところも。個性豊かな道の駅・直売所めぐりで、お気に入りの場所を見つけて下さいね。

道の駅・サービスエリア・パーキングエリア

千葉県の道の駅(外部リンク)