ホーム > すぐにわかる千葉の魅力 > まるごとe!ちば > 千葉県のイメージが登場する映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

ここから本文です。

更新日:2017年8月18日

 千葉県のイメージが登場する映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

2017年8月18日(金曜日)から公開の映画「打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか?」には、風車、灯台、田園風景、坂道など、千葉県旭市・銚子市がイメージとして登場します。

あなたも、絶景やグルメスポットいっぱいの千葉で、映画の世界観に浸ってみませんか?

©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

作品紹介

繰り返す、夏のある一日。
花火が上がるとき、恋の奇跡が起きる―
 

原作は『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』の岩井俊二。脚本は『モテキ』『バクマン。』の大根仁。刺激的な作品の数々で観客を魅了し続ける二人が綴るのは、“繰り返される夏の一日”を描くラブストーリー。声の出演は、広瀬すず、菅田将暉、宮野真守、松たか子他、ジャンルの垣根を越えた豪華キャストが集結。

 

「もしも、あのとき…」「もう一度、時間を戻せたら…」
2017年夏、最高峰のスタッフ・キャストが、未体験の恋の奇跡を打ち上げる。(映画公式サイトより抜粋)

(2017年8月18日(金曜日) 全国東宝系公開 )

 

映画に一部イメージとして登場

千葉県旭市・銚子市

※劇中に登場する「茂下」は架空の場所です。

  

映画の公式サイトはこちら(外部サイトへリンク)

 

 千葉県マップ

 

ページの先頭へ

 

 

 JR東日本と映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のタイアップキャンペーン

JR東日本では、7 月から 9 月にかけて、首都圏のJR東日本の駅で「北総・成田線」の魅力を重点的に発信するキャンペーンを展開しています。
さらにこの夏話題の映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」とタイアップした宣伝を展開し、映画のキャラクターを起用したスタンプラリーを実施するなど「北総・成田線」を盛り上げます。この機会にぜひ、「北総・成田線」エリアにおでかけください。

 「もしもに出会う」スタンプラリー

⑴ 実施内容
JR東日本の主な駅にあるパンフレット「小さな旅 知られざる北総・成田線の旅」の中にあるスタンプ台紙に、3エリア6施設に置いてある映画のキャラクターのスタンプを、どれか1つのエリアから2個集めてエリア賞、3つのエリアのスタンプを1つずつ、3個集めて周遊賞に応募できます。
⑵ 開催期間
 2017 年 8 月 18 日(金曜日)~9 月 30 日(土曜日)
⑶ 応募締切
 2017 年 10 月 7 日(土曜日)(当日消印有効)
⑷ スタンプ設置施設
① 犬吠エリア
 ・ 銚子電鉄 犬吠駅:銚子電鉄・銚子駅から電車約 17 分
 ・ 地球の丸く見える丘展望館:銚子電鉄・犬吠駅から徒歩約 15 分
② 外川エリア
 ・ 銚子電鉄 外川駅:銚子電鉄・銚子駅から電車約 19 分
 ・ 銚子海洋研究所:総武本線銚子駅からバス約 15 分、千葉科学大学マリーナ前下車徒歩約 2 分
③ 旭・飯岡エリア
 ・ 飯岡刑部岬展望館~光と風~:総武本線旭駅からバス約 25 分、灯台入り口下車徒歩約 15 分
 ・ 道の駅季楽里あさひ:総武本線旭駅からバス約 6 分、旭中央病院下車徒歩約 15 分
⑸ 賞品
① エリア賞:映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」プレスシート(30 名)
② 周 遊 賞:映画監督サイン入りポスター(3 名)/映画オリジナル T シャツ(5 名)
※内容については変更になる場合があります。写真・イラストは全てイメージです。
※応募の際は、スタンプを集めた証明のため、スタンプ設置施設の方の証明印(駅長犬スタンプ)が必要となります。

関連サイトはこちら⇒「小さな旅 知られざる北総・成田線の旅」
(外部サイトへリンク)

スタンプラリー関連スポット

犬吠駅

犬吠

詳細を見る(外部サイトへリンク)

公式ツイッターはこちら(外部サイトへリンク)

 

 

 

 

地球の丸く見える丘展望館

地球の丸く見える丘展望館は、愛宕山山頂(73.6m)にあり16mの高さがあります。合わせて、海抜約90mの屋上から四方を眺めると鹿島灘から筑波山、西は九十九里浜、屏風ケ浦を見渡せ、その眺めは雄大で水平線の両端は丸みを帯びて見えるので文字通り地球の丸さを実感できます。

詳細を見る

 

 

外川駅

外川

詳細を見る(外部サイトへリンク)

 

 

 

 

 

(有)銚子海洋研究所

銚子海洋研究所でイルカ・クジラウオッチングの体験ができます。親潮と黒潮の流れる銚子沖にやってくる野生のイルカやクジラは約20種もあります。沖合コースでは、時には5000頭ものイルカの群れや秋には何十頭ものマッコウクジラの群れに出遭えることもあります。

詳細を見る

 

飯岡刑部岬展望館~光と風~

刑部岬は、屏風ケ浦の南端にあり九十九里浜との境となっている高さ約60mの断崖です。展望台「飯岡刑部岬展望館~光と風~」は、自然環境についての学習や自然観察会の場としての機能を備えており、幅広く利用できる施設です。

 詳細を見る

 

 

道の駅季楽里あさひ

「食なら何でも揃う道の駅」です。新鮮な野菜・魚介、惣菜などの直売所をはじめ、地元食材をふんだんに活用した自然食バイキングレストラン「四季食彩館」、焼きたてパンの「ぐぅちょきぱん」、イタリアンジェラートの「ホームオブマザーズ」、新鮮果物・野菜のスムージーやあさピー型のおやきの「あさピー&スムージー」などがあります。

 詳細を見る

 

飯岡海岸

九十九里海岸の東端のビーチ。遠浅で波も穏やかなので、ファミリーにおすすめです。海水浴のシーズンは磯ガキが旬です。手のひらサイズの濃厚でまろやかな磯ガキをぜひご賞味ください。

 詳細を見る

 

 

 

ページの先頭へ

 

 その他観光スポット 

飯岡灯台

飯岡灯台は、刑部岬の上永井公園内にあり、昭和31年(1956年)10月31日から稼動しています。灯台の中は見学はできません。刑部岬の先端に立つ白亜の灯台の姿は写真や絵画、詩歌など様々に取り上げられ多くの人々を魅了します。

 

 

 

山中食品工場直売所

「くせになる味」と旭市の地元銘菓として長く愛されている「しぐれ揚げ」や「雷鳥」が購入できる直売所。直売ならではのお徳用などもあり、お土産としても人気。

住所:旭市萩園1439-3

営業時間:午前8時~午後5時

定休日:日祝(隔週土曜日休み)

 

 

 

こば屋飯岡バイパス店

豆にうるさい職人が一枚ずつ丁寧に仕上げた自慢の一品。落花生とあられの絶妙なバランスがクセになる。

住所:旭市三川セの3428-1

営業時間:午前9時~午後6時

定休日:無休

(外部サイトへリンク)

 

 

旭市防災資料館

2011年3月11日に発生した東日本大震災が旭市にもたらした甚大な被害を教訓として構成に伝えるための施設。いいおか潮騒ホテルに隣接。

住所:旭市萩園1437

開館時間:午前9時~午後5時

閉館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、祝日の翌日

(外部サイトへリンク)

 

犬吠埼灯台

犬吠埼灯台は、銚子半島の最東端、太平洋に突き出た岬にあります。三方を海に囲まれた高さ約20mの海食台地の突端、海抜52mの白亜の灯台です。犬吠埼の探勝の中心地にあります。光遠距離19.5海里、15秒ごとに1閃光を放って露信号、無線方位信号も放つことができます。慶応2年(1866年)日本、イギリス、フランス、アメリカ、オランダの間に結ばれた条約に基づいて建造され、設計はイギリス人技師ブラントンで初めて日本製のレンガを使用した灯台です。

 

榊原豆腐店

関東最東端の豆腐店として、明治42年(西暦1909年)以来約100年に亘って豆腐を作り続けている老舗です。
大豆の味を楽しめる、しっかりとした食感が特徴の豆腐をはじめ、オリジナル豆乳プリン等を製造しています。
徹底したこだわりをもって材料を厳選し、伝統の味を守っています。

(外部サイトへリンク)

 通販サイトはこちら(外部サイトへリンク)

 

しまたけ

地魚を中心にマグロ・かつお・その他の銚子港に揚がる種類豊富な魚を使用。特大のネタが特長です。
外川港・銚子港に揚がった新鮮な魚を使った定食ほか、各種一品料理を提供しています。

(外部サイトへリンク)

 

(株)イシガミ犬吠店

あつあつの焼きたてを秘伝の醤油にくぐらせた『ぬれ煎餅』、杵つき餅を天日で乾かし、自然の食材で仕上げた『揚げおかき』、一枚一枚丹念に焼き上げた極上おかき『屏風ヶ浦』。どれもこだわりの逸品です。

 

 

ページの先頭へ