• おもてなしトイレ
  • 旅の便利情報
  • 法人・団体向け

詳細検索

旅の計画を作って伝える マイ旅プラン

ここから本文です。

更新日:2016年9月30日

「流鉄流山線」は今から100年前、流山の町の人々の出資で開業。沿線はほぼ宅地化され、現在ビルの間を電車が走る光景は、時代の流れを感じさせてくれます。地元の飲食店と協力したイベントも開催しており、多くの人が流鉄に乗るためやってきます。各駅で販売している、車体の色を模した5色セットの色鉛筆は、定番土産として人気です!

鉄道沿線のスイーツ

蔵のカフェ+ギャラリー灯環(とわ)

流鉄流山駅と古い町並みの残る流山本町の間にある古い蔵が、カフェ・ギャラリー・ショップスペースなど、ほっとひと息つける空間として生かされています。特筆すべきは、地元流山の味みりんを使ったスィーツ。

ここならではの味をお楽しみに。

詳しく見る

tronc(とろん)

表通りから狭い路地を入ると、そこにある小さな隠れ家。「木の幹」を意味する店名の通り、木のぬくもりを感じられる店内では、看板メニューの「季節のパフェ」やタルト・ケーキなどが頂けます。

甘くて、ゆったりとした時間を過ごせそうです。

詳しく見る

鉄道沿線のグルメ

丁字屋(栄)

流山本町にある大正12年改築の足袋屋を改装して作った創作イタリアン・フレンチ料理店。趣のある雰囲気の中、地元流山のとれたて野菜などの食材を活かした創作料理の数々を楽しむことができます。

詳しく見る

鉄道沿線の景観

流山本町

江戸川沿いに位置する流山のまちは、江戸時代から明治大正にかけて商業の中心として栄えていました。今も、明治時代前後の土蔵造りの家屋と百数十年の歴史ある老舗が点在し、当時の面影を偲ばせています。

流山本町まちなかミュージアム

流山市の特産品である万上の「白みりん」が誕生して200周年を迎えた事を記念して、

流山キッコーマン株式会社の壁面に白みりんに関する歴史的な資料を掲示する「流山本町まちなかミュージアム」を設置。

貴重な資料が展示され、屋外型まちなかミュージアムという新たな観光スポットとして親しまれています。