• おもてなしトイレ
  • 旅の便利情報
  • 法人・団体向け

詳細検索

旅の計画を作って伝える マイ旅プラン

ここから本文です。

ホーム > 【千葉県デザイン!】山手線ラッピングトレインを運行します!

更新日:2020年2月21日

  グルメ号バナー2020

 

幕張メッセ(千葉市) 

東京から最速23分の好アクセス!様々なジャンルのイベントが「国際展示場」「国際会議場」「幕張イベントホール」の3施設で開催されています。

(外部サイトへリンク)

ふなばしアンデルセン公園(船橋市)

船橋アンデルセン公園2020

アンデルセン公園は四季折々花で彩られ、フィールドアスレチック、デンマークの田園風景を再現した「メルヘンの丘」など幅広い年代の方が楽しめる総合公園です。

流山本町(流山市)

江戸時代より白みりんの発祥地として栄えた流山本町。当時の明治時代建築の建物や土蔵はギャラリーやカフェとして生まれ変わり、レトロな雰囲気を味わいながら町歩きができるスポットです。

 (外部サイトへリンク)

ひよどり坂(佐倉市)

武家屋敷通りに隣接した古径(こみち)で、江戸時代からほとんど変わらない美しい竹林に囲まれています。

 

(外部サイトへリンク)

佐原の町並み(香取市)

「お江戸見たけりゃ佐原へござれ 佐原本町江戸まさり」と戯歌に唄われるほど隆盛を極めた商都の面影が残る、「北総の小江戸」佐原の町をお散歩してみませんか。

 

銚子電鉄(銚子市)

銚子観光に行くなら銚子電鉄!地域に密着したローカル線ならではの温かみが感じられる列車です。銚子電鉄の名物「ぬれ煎餅」は犬吠駅で手焼き体験もできます。

いちご狩り(県内全域)

千葉県は全国有数のいちごの産地です。
シーズンは、5月上旬頃までなので、これからの時期、たっぷりとお楽しみいただけます。

(外部サイトへリンク)

釣ヶ崎海岸(一宮町)

釣ヶ崎海岸(通称志田下ポイント)は、千葉県の九十九里浜の最南端に位置し、年間を通して良質な波が打ち寄せることから、多くのサーファーに親しまれています。

(外部サイトへリンク)

笠森観音(長南町)

笠森寺は、天台宗・別格大本山です。六十一本の柱で支えられた四方懸造は、特異な建築様式で全国でも珍しい日本唯一の構造で国指定の重要文化財です。

鋸山・地獄のぞき(富津市・鋸南町)

 「房州石」の産地として知られる鋸山。ロープウェー山頂駅から徒歩片道約30分程度で日本寺敷地内、山頂展望台にある地獄のぞきへ行くことができます。

(鋸山ロープウェー)

(日本寺)

ラバーズベンチ(南房総市)

平洋が一望できる観光スポット野島埼灯台にあるラバーズベンチ。朝日と夕陽が眺めることができる場所もあります。 

  

原岡桟橋(南房総市)

原岡海水浴場は、波が静かで遠浅の砂浜がきれいな三拍子そろった海水浴場です。ここにある原岡桟橋と呼ばれインスタ映えするスポットとして人気があります。

 崖観音(館山市)

崖観音で知られるこの寺は、普門院船形山大福寺と称し、真言宗智山派に属する寺院です。観音堂からは館山湾や伊豆大島を眺めることが出来ます。

 鴨川シーワールド(鴨川市)

海の王者シャチをはじめ、ベルーガやイルカ、アシカのパフォーマンスのほか、自然環境を再現した展示を通して800種11,000点の川や海の動物たちに出会うことができます。

共栄トンネル・向山トンネル(大多喜町)

SNSで話題の東側が向山トンネル、西側部分が共栄トンネルです。トンネル下段が画像で緑色に見えるのは、蛍光灯の波長(色温度)の関係で、実際には緑ではありません。

 月崎駅・いちはらアートミックス3.20-5.17(市原市)

 市原市の歴史・文化・自然・人の暮らし・食・スポーツなど、 地域の持つ様々な資源を現代アートと融合し、里山に活力を漲らせ、 より魅力的な「いちはら」を再発見する新しい形の芸術祭です。

(外部サイトへリンク)

 潮干狩り(木更津市ほか)

富津市や木更津市、船橋市など、東京湾に面したエリアでは、観光潮干狩りが大人気!収穫できる貝は、アサリやハマグリがメジャーですが、バカガイや、細長い形をしたマテ貝などさまざまです。

 農溝の滝・亀岩の洞窟(君津市)

清水渓流広場(濃溝の滝・亀岩の洞窟)は、幻想的なスポットとして、インターネットを中心に多数のメディアで注目されています。

 

 

ページの先頭へ戻る

 

谷津バラ園(習志野市)

約12,600平方メートルの敷地内に、800種7,500株のバラが噴水を中心に整然と咲き誇り、植栽されているバラは名花・名品種と呼ばれるものや、原種及び歴史的にも優れた価値を持つ品種が多くあります。

 本土寺(松戸市)

五重塔と紫陽花の共演が美しい本土寺は千葉県松戸市にある日蓮宗の寺院。別名「紫陽花寺」と呼ばれるように初夏は50,000株の紫陽花が咲き、多くの参拝客で賑わいます。

あけぼの山農業公園(柏市)

17haの面積を有し、四季折々の花などを楽しめます。シンボルの風車周辺には、桜、ツツジ、チューリップ、梅、コスモスなどが四季折々の草花が植えられています。

さくらの山公園(成田市) 

成田空港4,000m滑走路北端の小高い丘にあり、桜の木の下から航空機の離着陸を眺めることができます。2015年3月「空の駅 さくら館」がオープン!

(外部サイトへリンク)

茂原公園(茂原市)

園内にある道表山の山頂からは、遠く九十九里浜を眺めることができます。春には弁天堂を中心に咲く2850本のソメイヨシノが有名で、
「日本さくら名所100選」に選ばれています。

 頼朝桜・佐久間ダム公園(鋸南町)

 

貯水量は、121,6万トンの規模を誇る佐久間ダム。散策路には染井吉野、河津桜、八重桜など約1,500本の桜が植えられ桜の名所といわれています。

白間津花畑(南房総市)

切り花の露地栽培が盛んで、数多くの花が12月下旬~3月中旬にかけて開花します。道路を挟んで山側と海側の両方に広大な花畑が広がっているため、花の絨毯を敷きつめたような景色を楽しめます。

 館山ファミリーパーク(館山市)

4万坪の敷地面積を持つ館山ファミリーパークには7,500平方メートル の広大な花畑「花広場」があり、例年12月上旬から5月上旬は3万株30万本のポピーが花広場に咲き誇ります。

菜な畑ロード(鴨川市)

一足早く春が訪れる房総ならではの観光スポットとして、JR安房鴨川駅から徒歩圏内の團場を活用し、黄色い菜の花いっぱいの「菜な畑ロード」をつくります。

いすみ鉄道(いすみ市・大多喜町)

いすみ鉄道は、房総半島のいすみ市と大多喜町を走るローカル鉄道!
例年3月中旬~4月上旬に見頃を迎えます。菜の花の黄色い絨毯の中を走るいすみ鉄道に乗って春を満喫してください。

東京ドイツ村

 

園内には、各種アトラクション、観覧車などあり、大人から子どもまで楽しめます。春は25万株の芝桜やポピー、夏はラベンダー、紫陽花、バラ、ひまわり、秋に入るとサルビアが色味を増します。

 マザー牧場(富津市)

春のマザー牧場は、350万本の黄色い『菜の花』、生まれたばかりの可愛い『赤ちゃん羊』、みんな大好き『いちご狩り』など、「見て・ふれて・味わう」楽しみがいっぱい♪

 

ページの先頭へ戻る

  

豚しゃぶ・チバザポーク

全国屈指の豚肉生産量を誇る千葉県の「チバザポーク」は、きめ細かくてやわらかな肉質が特徴です。

 

(外部サイトへリンク)

伊達巻き寿司

銚子名物の伊達巻鮨は、卵とダシだけで焼き上げた分厚い厚焼き玉子を丸い棒の上に置いて半月状にしてから、太巻きずしに乗せたもの。
甘みと滑らかさはまるでプリンような食感。

(外部サイトへリンク)

鯛しゃぶ・銚子つりきんめ

千葉ブランド水産物に認定されています。
一本釣り漁法で1尾ずつ丁寧に揚げられ、脂がのって旨味が強く、引き締まった身が特徴です。

(外部サイトへリンク)

モツ鍋

新鮮なもつと甘みのある玉ねぎの抜群のコンビネーション。
もつが苦手な方にこそ、一度召し上がっていただきたい逸品。

 

(外部サイトへリンク)

焼きハマグリ

千葉ブランド水産物に認定されています。
大粒のプリプリとした身は、噛めば噛むほど濃厚な味わい。

(外部サイトへリンク)

勝浦タンタンメン

勝浦タンタンメン2020

千葉県のご当地グルメの中でも抜群の知名度を誇るのが、「勝(かつ)タン」こと「勝浦タンタンメン」。県外からも、この個性的なご当地グルメを食べに訪れる人が多い大人気のラーメンです。

(外部サイトへリンク):勝浦タンタンメン船団

 

ページの先頭へ戻る